恋愛心理学

「幸せな恋愛をしている人」と「不幸な恋愛をしている人」には決定的な違いがあった!!

更新日:

こんにちは!かのんです。

恋愛において、常に「幸せな恋愛をしている人」っていますよね。
なぜか、どんな人と付き合っても、喧嘩もほとんどせずに仲がいい。
いつも彼から大事にされて【恋愛イコール幸せ、充実】と感じて、常に心が満たされる恋愛をしている人です。

その一方で、恋愛していても、なぜか気苦労ばっかり多くて、いつも不安な気持ちを抱きながら
「不幸な恋愛ばっかりを繰り返している人」もいたりしませんか。

せっかく恋愛していても、いつも不安だったり、喧嘩ばっかりだったら、恋愛そのものが辛くなってしまいますよね。

 

付き合った当初は毎日のようにラインして、休みは毎回デートして、超ラブラブなのに、3ヶ月もすると必ずギクシャクして、なぜかいつも終ってしまう。」とか、

「あんなに大好きって言ってくれた彼なのに、いつも別の女性に心変わりされてしまう」などなど。

 

恋愛のパターンって繰り返すことがとっても多いんですよね。
何故そのように、恋愛のパターンは繰り返されてしまうのでしょうか。 

 

実は心理学的に見ていくと「幸せな恋愛」と「不幸せな恋愛」をする人には、決定的な違いがあることがわかります。

 

今回は、あなたの恋愛パターンを【幸せな恋愛】のパターンへと変えていくために、両者の決定的な違いについてお伝えしていきます。

不幸な恋愛を繰り返す人の思考って?

何故かいつも恋愛が上手くいかない。苦労の多い恋愛をしてしまう人というのは
心の何処かで無意識的に、常に見返りを求めてしまっていることがあります。

「いやいや。そんな見返りなんて求めてない。いつも尽くしているし・・」って思うかもしれませんね。

 

でも少しだけ考えてみて下さい。

あなたはいつも懇親的に彼に連絡をしています。
しかし彼はいつもそっけなくて

「彼が全然ラインの返事をくれない。
どんなに忙しくてもラインの返事くらいはできるはずなのに・・。」

と思ったりすることってありませんか。

また、あなたは女友達との約束を断ってでも、いつも彼との時間を優先にしたいと考えています。
なのに彼の優先順位はいつも、仕事や同僚との約束が先。

「土日は彼とデートしたいのに、彼は友達と飲みにばっかり行って、自分勝手すぎる。」
そんな風に感じてしまうことってありませんか。

 

これは「私はこんなにも○○してあげているのだから、彼も同じだけ○○してくれるのが当然」という潜在意識が、知らず知らずのうちに働いているのです。

実はこれ、あなたのルール、あなたのやり方に、彼に従ってもらおうとする小我の愛と言えるんです。

そこには、自分の望む理想の彼になってほしい。という思いが隠されています。
これは、彼への愛や、彼に尽くしているのではなく、自分に都合のいい彼に変わってほしいという自己愛なんです

 

また、その反対もあります。

 

彼には私が必要。
彼を守れるのは私だけ。

だからたとえ何があっても別れることはできないと感じているようなときも、実は「彼に必要とされている自分」への自己愛だったりします。

それは依存の関係とも言えます。

お互いに小我の愛を抱いているだけの依存関係では、互いを幸せにすることはできません。

自分を幸せにして欲しい。
愛して欲しい。
こうあってほしいという願望は、「小我の愛」の現れなんです。

このような関係性を交換的関係と呼びます。

交換的関係とは、ギブアンドテイクの関係とも言えるでしょう。

損得勘定で物事を判断してしまったり、自然と見返りを期待してしまうような、交換条件をもつような関係性です。
ビジネスにおいてなら、このような交換的関係を築いていくことが必要です。

しかし、恋愛関係においては、このような関係だと対立してしまうことが多く、ギクシャクしてしまいます。

「彼が○○だからダメなんだわ。」
「○○してくれないから。」などと、相手のせいにしてしまう事が多く、裏切られたとか、傷つけられたとか、被害者的な感情が生まれてしまう場合があります。

どちらか一方は損をしたように感じて、怒りを感じてしまい、もう一方は多くの利益を得られても、罪悪感や負い目を感じてしまう。
このような衡平でない交換は、どちらも負の感情を抱いてしまうので関係性を維持するがとっても難しいのです。

幸せな恋愛を繰り返す人の思考って?

不幸な恋愛を繰り返す人たちが、相手に見返りを求める交換的な人間関係を重視しているのに対して、幸せな恋愛を繰り返す人たちは、見返りを求めず、相手が喜ぶことを自分の喜びとするような関係を重視しています。
このような関係を共同的関係といいます。

 

本当の愛情というのは、このように見返りを求めない愛情です。
自分のことよりも相手に対する無償の愛。これは大我の愛ともいいます。。
大我の愛は、互いを成長させてくれるんです。
このように、恋愛において、共同的人間関係を築くことこそ、良い関係性を長く保っていく鍵になるわけなのです。

 

あなたは恋愛においてどちらの人間関係を重視していますか?

 

ここで質問です。
あなたはどのように感じるか答えをAかBから選んでみて下さい♪

質問

①人から援助された時あなたはどう感じますか?

A.お返しすることよりも、ありがたいと素直に受け取る。
B.すぐにお返しをしなければいけない。恩に報わなければいけないと思う。

②人を助けてあげた時あなたはどう感じますか?

A.お返しとか全くいらない。助けてあげたことが喜びと感じる。
B.
お返しがないと気分が悪い。利用されたようで腹が立ち、損した気分になる。

③共同作業をした時の報酬についてあなたはどう感じますか?

A.貢献度に応じて分けるより、平等に分ける法が良いと感じる。
B.貢献度や実力に応じた分配をするべきであると感じる。



いかがでしたか?

Aの回答が多い人は共同的関係を重視する傾向にあり
恋愛においては長く良い関係を保つことが出来るでしょう。

Bの回答が多い人は交換的関係を重視する傾向にあり
恋愛においては、見返りを求める分だけ、不満や悩みを抱えてしまう傾向にあります。

 

もしあなたが恋人との関係で、いつもギクシャクしてしまったり、上手くいかないと感じる場合は、相手に見返りを求めない共同的関係を構築していくことを是非意識してみて下さいね^^

まとめ

いかがでしたか?

今回は「不幸な恋愛を繰り返す人の思考」
幸せな恋愛を繰り返す人の思考」について学びました。

相手にこうなってほしい。ああなって欲しい。という願望は小我の愛情です。
是非、相手を包み込む見返りを求めない大我の愛情を意識してみてくださいね。

きっと彼もあなたを大我の愛情で包み込んでくれることでしょう。

自分の恋愛パターンを知りたい。幸せな恋愛をしたい。
アドバイスが欲しいという方は
初回10分無料で、あなたのお悩みを解決に導くこちらをどうぞ^^↓


あなたの応援ポチが励みになります。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

最後まで読んでくださりありがとうございました。

-恋愛心理学

Copyright© 元・人気電話占い師が教える【電話占い】を上手く利用して幸せになる方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.