電話占いについてぶっちゃける

ちょっと待って!電話占いをする前にしておくべきこと!

投稿日:

こんにちは

カノンです。

「彼の気持ちや本音が知りたい。」
「私たち二人の未来はどうなるの?」

そんな不安は、恋愛をしている女性だったら誰もが常に抱えている感情ですよね。
そんな漠然とした不安な心に寄り添って解決に導いてくれる手段の一つが、占いですよね^^。

スマホ一つあれば、お仕事の帰りでも、寝る前のベットの中でも、いつでもどこでも占い師とつながることができます。

そんなお手軽さから、今や、恋愛と電話占いは切っても切れない関係と言えるのではないでしょうか。
占い師がいるところにわざわざ会いに行く必要がないというのは、とても便利だし、鑑定料金以外の交通費など無駄な費用や時間が掛からないというのもお得で嬉しいですよね。

テレビや雑誌で活躍しているような、名の知れた鑑定師でも、1分100円代から受けることができる電話占い会社もたくさんあります。

しかし手軽で安いからと言って、何の準備もなしに鑑定を依頼してしまうと、意外にも料金がかさんでしまった・・ということもありますから、事前にしっかりと質問事項などを用意しておくことが大事です。

 

電話する前に、聞きたいことを書き出して準備しておこう

うっかり質問したいことを聞きそびれちゃった。なんてことがないように、質問事項は事前にまとめておくと便利です。

私が鑑定師として体験した経験の中でよくあるのが、鑑定が終わって切電したすぐ後に、再度架電をしてきて「先生!!聞き忘れちゃったことがあるんですけど!」って言われることがよくあります。これ本当に多いんです。
やはり、質問することを、あらかじめ用意しておくと、効率よく聞けるので、無駄な料金をかけなくて済みますね。

また、話が脱線してしまうこともありますから、最初に聞こうと思っていたことからすっかり話題がそれてくることもあります。
そんな時は、決まって「大事なことを聞くために電話したはずが、違うことばっかり質問しちゃった。もう一回いいですか」ってかかってきたりします。

このような「うっかり」をしないためにも、事前に質問したいことは書き出して準備しておきましょう。

 

鑑定結果はその場でメモを取ろう

電話占いに限らず、対面占いでも言えるのですが、鑑定結果を耳で聞いただけだと、時間の経過とともに忘れてしまったりしますよね。
しっかりメモを取れるように、準備しておくとよいですよ。

電話を切った後に、「どんなこと言ってたっけな」なんて思い出せないことってありますよね。
アドバイスなどもうっかり聞き流してしまうこともありますので、忘れないようにメモを取ることをお勧めします。
メモを取ってしまえば忘れないし、振り返ることができるからね。

対面占いの時はなかなかメモが取りにくい場合もありますが、電話占いならしっかり取れますね。

鑑定師が一番困っちゃうパターンは「先生、昨日占ってもらったんですけど。何のカードが出ていたんでしたっけ」って聞かれちゃうこと。

一日に5人10人と鑑定しているので、履歴をたどって、どのような相談でどんなアドバイスをしたかは振り返ることができても、どんなカードが出たかまでは控えていないので、その場でお伝えしたこと以外を、後から質問されるとお答えすることができないんです・・。

なので、聞きたいことはその場で聞いて、聞いたことはメモを取る♪

これは絶対におすすめです。

 

可能であれば、彼のお誕生日や血液型なども調べておこう

もしわかるのであれば、占いたい人の出生データも用意しておきましょう。
片思いの彼だったら、さりげなく「何月生まれなんですかーー♪」なんて話題を振って情報をゲットしてみたり、FBなどから情報をゲットする方法もありますね。

占術によっては、必ずしも出生データが必要なわけではないので、補足程度で良いと思いますよ。
ただ、四柱推命や占星術などで彼のバイオリズムなども詳しく知りたいときには、データもしっかり準備しておきましょう。

以前、タロットで鑑定しているときに、ご相談者様が「さっき、霊感の先生に、生年月日を聞かれて、霊感なのになんで生年月日を聞くの!パソコンに入力して回答してるんじゃないの!!って腹が立ったんです!」って言っていた方がいらっしゃいました。

「今回のご相談に、四柱推命や占星術での鑑定はいらないですよね!?
それなら、今回はタロットだけで鑑定するので、生年月日は必要ありませんよ♪」とお答えしたら
「いや、生年月日わかるんで、詳しい回答でお願いします。」って言われたことがあります。(笑)
いるんかいっw

頑なに、データを言わず、霊視や透視の先生に当ててもらおうとするより、わかる情報は提供しながら、占い師と一緒により良い選択を見つけていったほうが得かなと思います。

要注意なのは、メール鑑定などを依頼する際に、うっかり生年月日を間違えちゃったりする人がいます。
散々、占って結果を出したあとに、あっ!生年月日を間違えてました。正しい生年月日は、○○でした!!って言われる方もいらっしゃいます。

これは鑑定結果がまるっきり変わってきてしまう、一番占い師泣かせのパターン。
電話占いだと、時間は余計にかかるし、メール鑑定などは、新たな鑑定料金になってしまう場合もあるので、データはあらかじめメモしておいて、正確に伝えるようにしましょう。

一人でゆっくり話せる環境を作ってから相談しよう

スマホ一つでどこからでも相談できる電話占いですが、やはりしっかりと相談できる環境を整えてから架電することをお勧めします。

もちろん中には、ゆっくりする一人の時間が取れず、お子様をあやしながらの相談という場合も多々ありますし、中には駅のホームからという事もあります。
(めちゃめちゃザワついてアナウンスが大きくて声が聞き取れないことも)。
歩きながらのご相談で、途中から息切れしてしまう方も・・^^

あるいは、明らかに運転中だとわかる場合もあります。
通話しながらの運転はとても危険ですし、こちらも不安になってしまいますので、車は停車させてから架電しましょう。^^これ大事。

いずれにしても落ち着いた環境で相談できるように、工夫しましょう。

占い師のプロフィールや口コミを確認しよう

 

無料鑑定だったり、キャンペーン中のお試し鑑定なら、必要以上に慎重になる必要はないのかもしれませんが、
せっかく架電するなら、その悩みを得意としている鑑定師なのかどうかや、ジャンル、キャラ、タイプなども自分の希望と合うか、
事前にチェックしてみることをお勧めします。

「バシッと厳しくいってくれる」のを望んでいるのか
「優しく寄り添ってくれる」のを望むのか
「解決策を見出す」のを望むのか
「結論だけ告げてくれたらいい」のか、なども確認しておきましょう。

 

まとめ

  • 質問は箇条書きに準備しておこう
  • 鑑定結果はその場でメモしよう
  • 出生データを準備しておこう
  • 架電の前に環境を整えよう
  • 占い師のプロフィールをチェックしよう

いかがでしたか。
架電の際には、肝心なことをうっかり聞き漏らしたり、鑑定結果を聞き逃したり忘れたりしないためにも,しっかりとメモを取るようにしましょう。

占いを上手に利用して、素敵な恋愛を育んでいってくださいね。

-電話占いについてぶっちゃける

Copyright© 元・人気電話占い師が教える【電話占い】を上手く利用して幸せになる方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.